ヨーグルトの菌の種類と効果 トップ

オススメのヨーグルトと乳酸菌サプリ

ヨーグルト

ヨーグルトによって、含まれる菌の種類とその効果はちがいます

腸内の善玉菌が増えることで腸内環境が改善されて、便通が改善されたり、免疫力が向上したりするのは共通していますが、細かい部分での違いはあります。また、乳酸菌の種類による相性も人それぞれ違います。

そんな中、オススメできるのがフジッコの「カスピ海ヨーグルト」です。

カスピ海ヨーグルトの摂取を続けることで、腸内の善玉菌であるビフィズス菌のしめる割合が増えて、カラダの内側から元気になる効果を期待できることが、研究によってわかっています。

便通を改善してスッキリしたい女性には、カスピ海ヨーグルトをオススメします。

しかし、ヨーグルトには脂肪がつきもの。ふだんの食事にヨーグルトを加えると、脂質を多く摂ることになる可能性があります。また、毎日同じ味のヨーグルトを食べるのが苦手な方もいると思います。

そこでオススメなのが「乳酸菌サプリ」です。

乳酸菌サプリとは、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が大量に含まれているサプリメントのこと。サプリなら、味や飽き、余計な脂質などを気にせずに毎日摂取することができます。

世界有数の長寿地域である旧グルジア地方のヨーグルト。それが日本に持ち帰られて、そこから発見されたのが「クレモリス菌FC株」という乳酸菌です。

このクレモリス菌FC株を含んだカスピ海ヨーグルトは非常に高い人気を得ていますが、それと同じ菌を使ってつくられたサプリメントが、フジッコの「善玉菌のチカラ」です。

善玉菌のチカラ

善玉菌のチカラの特徴は、生きたまま大腸まで届く強い乳酸菌であるクレモリス菌FC株が、1粒に20億個以上も凝縮されていること。

毎日たった1粒を飲むだけで充分な量の乳酸菌を摂ることができます。

また脂質は0.01g、カロリーは0.71Kcalなので、ダイエット中の方でも安心。さらに不足しがちな栄養素であるカルシウム70mgと、便通の改善に良いとされる食物繊維も配合されています。

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌を摂って、カラダの内側から元気になることを目指したい場合には、善玉菌のチカラがオススメです。

ヨーグルトよりも手軽で、持ち運びも便利。いつでも好きなときに飲める乳酸菌サプリ、善玉菌のチカラで、体内環境の改善を目指しましょう。

ちなみに、価格は1,806円(税抜)で、送料無料。食べる量によりますが、ヨーグルトを毎日食べる場合よりもお手頃かもしれません。便通で悩んでいる場合は、ぜひ一度、試してみてください。

善玉菌のチカラの詳細・購入はこちら

ヨーグルトに含まれる乳酸菌とは?

ヨーグルトは発酵食品であり、ビフィズス菌や乳酸菌によって発酵されています。そのため、多くの善玉菌が含まれている健康食品と言えます。

ビフィズス菌や乳酸菌は、いわゆる善玉菌と呼ばれるものです。腸内には約1,000種類、約100兆個の細菌がすんでおり、その働きによって善玉菌、悪玉菌、日和見菌に区別されます。

善玉菌は良い作用をもたらし、悪玉菌は悪い作用をもたらします。日和見菌は解明できていない部分が多いのですが、基本的にはふだんは害のない活動をおこなっていると考えられています。

善玉菌は消化吸収を手伝ったり、腸のぜんどう運動を促進したり、免疫力を上げたりします。また悪玉菌を抑制して、腸内の有害物質が増えないように働いています。

悪玉菌はタンパク質を分解することで、有害物質をつくりだします。アンモニアや硫化水素、インドール、フェノールなどの有毒なガスが発生すると、腸内環境は悪化します。

これらの腸内細菌のバランスが崩れると、腸内環境が悪くなり、便秘や下痢になったり、免疫力が落ちたり、肌荒れがひどくなったり、体臭や口臭が強くなったりします。

善玉菌が便秘を治す?

このように腸内環境の良し悪しは、健康と美容の2つの面で、非常に大きな影響を与えるのですが、腸内環境を整えるにはビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす必要があります。

善玉菌は、糖を分解して有機酸をつくりだします。乳酸や酢酸、酪酸やプロピオン酸などの有機酸は、腸の粘膜を刺激してぜんどう運動をうながします。

ぜんどう運動とは、腸の中身(ウンチの材料)を前へ前へと動かす腸の筋肉の動きのことで、この運動が適切に働くかどうかによって、便がしっかり出るか、便秘や下痢になるのかが決まります。

善玉菌には、そのぜんどう運動を適度に促進する働きがあるのです。

またこれらの有機酸は、酸に弱い悪玉菌の増殖を抑えます。悪玉菌は有害物質をつくりだして、腸内環境を悪化させて、さまざまな身体の不調や不快な症状をまねきますが、それを防ぐことができるのです。

善玉菌を増やすだけでは便秘は解消できないかもしれませんが、ガンコな便秘の方が腸内環境を改善することで、便通が良くなる可能性はあります。生活習慣の見直しとあわせて、善玉菌の摂取を続けることが大事です。

ヨーグルトの選び方と食べ方

善玉菌を多く含み、便秘解消や免疫力アップなどの効果が期待できるヨーグルトですが、どんなヨーグルトでも良いというわけではありません。

ヨーグルト選びのポイントは3つです。

  • 生きたまま腸まで届く乳酸菌が含まれているか
  • 高価すぎない続けやすい価格であるか
  • 余分な糖質や脂質が含まれていないか

ビフィズス菌や乳酸菌というのは、基本的には酸に弱く、口から摂取しても胃酸でそのほとんどが死滅してしまいます。しかし、なかには酸に強いタイプの菌もあります。

それはよく「プロバイオティクス」「生きたまま腸まで届く乳酸菌」などと書かれていますが、善玉菌の効果をしっかりと得たいなら、このタイプの乳酸菌が入ったヨーグルトを選ぶべきです。

ただ、死んだ菌(死菌)の場合も、腸内の受容体とつながることで、免疫細胞を刺激することがわかっています。生きたまま腸まで届かない乳酸菌でも、免疫力向上の効果は期待できるようです。

価格も大事です。乳酸菌は、基本的には腸に定着しません。長くとどまるタイプのものもありますが、腸の上皮細胞の生まれ変わりとともに、数日から数週間という期間でウンチと一緒に排出されます。

腸内環境を改善するには、継続的に摂取していくということがカギになります。続けるには、高価なものは向きません。なるべく買いやすいお手頃な値段のヨーグルトを選びましょう。

そして、余計なカロリー、脂質、糖質などが含まれているものも避けるべきです。

腸内環境を整えるためにヨーグルトを食べる場合、ヨーグルトだけを食べる方はあまりいないと思います。つまり、ふだんの食事に、ヨーグルトを加えることになると思います。

しかしそうすると、摂取カロリーが増えます。それだけでなく、ヨーグルトは乳製品なので意外と脂質が高いため、脂肪分の摂り過ぎになってしまうということも考えられます。

脂質の摂り過ぎはとうぜんカラダに良くありません。同じ内容の商品なら「脂肪ゼロ」などと書かれているほうを選ぶことをオススメします。

ヨーグルトを食べるタイミング

ヨーグルトは、選び方だけでなく食べ方も大事です。食べ方によっては恩恵を充分に受けられない可能性がありますので、きちんと適切なタイミングで摂るようにしましょう。

具体的には、食後に摂るのがいちばん良いです。先ほども説明したように、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌や乳酸菌には、非常に酸に弱いという性質があります。

いくら酸に強いタイプの乳酸菌が含まれているとしても、胃酸の強く出ている空腹時に食べてしまうと、想定以上に多くの菌が死んでしまい、腸まで到達できない可能性があるのです。

というわけで、食後の胃酸が弱くなったタイミングで、ヨーグルトを食べることをオススメします。

さらに、オリゴ糖や食物繊維をなどと一緒に摂ることで、より効果を実感しやすくなるかもしれません。オリゴ糖や食物繊維は善玉菌のエサになり、腸内にすみついている善玉菌を増やします。

オリゴ糖を含むバナナやハチミツ、食物繊維を豊富に含むフルーツなどをヨーグルトに添えて食べると、味やニオイが良くなり、さらに善玉菌も増えやすくなるというメリットが得られます。ぜひ試してみてください。

オススメの市販ヨーグルト

ヨーグルトはいろいろな食品会社が、いくつもの商品を出しています。そのため、上記で示した基準で選んだとしても、かなりの数の候補があがってしまうと思います。

それでは選ぶのも大変だと思いますので、個人的にオススメのものをピックアップして紹介します。基本的には「迷ったらトクホ」と考えて良いです。

トクホとは「特定保健用食品」のことで、消費者庁の許可を受けて、効果の表示をおこなうことのできる食品のことです。国の審査を受けて、効果が科学的に証明されているものなので、信頼度はバツグンです。

ヨーグルトのなかにも、きちんと保健効果が認められて、トクホとして販売されている商品があります。以下に、オススメのヨーグルトを紹介します。

森永ビヒダスヨーグルトBB536、おなかにおいしいヨーグルト、小岩井生乳100%ヨーグルトの3つはトクホです。あとの2つはトクホではないですが、含まれる乳酸菌の強さ、研究結果などをもとに選びました。

ビフィズス菌や乳酸菌の種類は非常に多く、食品会社がそれぞれ独自の研究をおこない、効果が認められるものを選定・商品化しています。

ここで紹介しているもののほかにも、質の高いヨーグルトはたくさんあります。ぜひ自分の腸内環境に合った乳酸菌のはいったヨーグルトを見つけて、日々の食生活に取り入れてください。

ちなみに、1日の摂取目安量は、トクホの場合は表記の量、トクホ以外の場合は200gほどを基本に考えてください。

一般的なヨーグルトには、1mlあたり1000万個以上の善玉菌が含まれています。200g(約200ml)食べれば、20億個の善玉菌を摂取できることになります。できれば、それを2週間続けましょう。

同じヨーグルトを2週間も食べ続ければ、効果が実感できると思います。あまり感じないということであれば、その乳酸菌はあなたの腸内環境に合っていない可能性があるので、別のものを試してみてください。

それを繰り返すことで、自分に合った乳酸菌の含まれたヨーグルトを見つけられると思います。排便の回数、量、ウンチの色、形、硬さなどを日々チェックして、変化を記録するとわかりやすいです。

もちろん、食事や生活習慣の改善も忘れずにおこないましょう。いくらヨーグルトを食べても、不摂生をしていては腸内環境は整いません。

ヨーグルトや乳酸菌サプリの摂取と、生活習慣の改善の両方をおこなって、便秘や下痢、免疫力の低下などの腸内環境に起因する問題を、ひとつずつ取り除いていきましょう。

オススメの乳酸菌サプリ「善玉菌のチカラ」

善玉菌のチカラ

  • カスピ海ヨーグルトの乳酸菌配合
  • 1粒に20億個以上を凝縮
  • 乳酸菌が生きたまま大腸まで届く
  • 1粒あたり0.71Kcal
  • カルシウム70mg含有

塩こんぶで有名なフジッコが、カスピ海ヨーグルトの乳酸菌を生きた状態でカプセル化したサプリが「善玉菌のチカラ」です。

ねばり強く、生きたまま大腸まで届く乳酸菌のクレモリス菌FC株が、カラダの内側からスッキリするのをサポートします。その数、なんと1粒に20億個以上。

1粒あたりの脂質が0.01g、カロリーが0.71Kcalと非常に低カロリーなので、ヨーグルトが苦手な方やダイエット中の方に特にオススメです。

[ 定期 ] 1ヶ月分 : 1,088円(送料無料)
[ 単品 ] 1ヶ月分 : 1,806円(送料無料)

※ 初回価格。2回目以降は2,176円。3回の継続が必要。

善玉菌のチカラの詳細・購入はこちら

更新情報

  • 2015年06月10日 : サイトを公開

このページのトップへ

トップページ